監督 指針。 金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針:金融庁

指針 監督

本文(・ )• III -1-2 主な着眼点• III -2-4 預金口座を利用した架空請求等預金口座の不正利用に関する情報を受けた場合の対応• III -3-7-3-1 意義• 以上を踏まえ、例えば以下のような点に留意して検証することとする。

指針 監督

VIII -4-2-5-1 顧客に対する説明等(施行規則第34条の43、第34条の46)• III -3-8 インターネットバンキング• VII -2-2-1 事業会社等による銀行主要株主認可申請• 従来、具体的な定めのなかった誠実公正義務に関し、上記のガイドラインを示すことで、顧客本位の業務運営に関する原則に基づく金融商品取引業者の業務運営について、より詳細な基準及び着眼点を示したいという金融庁の狙いが見て取れます。 III -5-2 主な着眼点• VII -2-2-2 投資ファンドによる銀行主要株主認可申請• II -3-4 リスク管理方針• 12 安全性の向上を図るための装置を備える事業用自動車の適切な運転方法 安全性の向上を図るための 装置を備える事業用自動車を運行する場合においては、 当該装置の機能への過信及び誤った使用方法が交通事故の要因となるおそれがあることについて説明すること等により、当該事業用自動車の適切な運転方法を理解させる。

15
指針 監督

III -2-16 不祥事件等に対する監督上の対応• 新型車両には、被害軽減ブレーキや追突事故防止装置、車間距離制御装置などの装備が進んでいますが、運転者にその機能を十分に理解させ、活用を促すことが目的です。

指針 監督

III -2-1-2-3 マーケット・リスク規制の適用対象取引に関する内部管理等(19年3月期より適用)• II -4-2 面談等を行う際の留意点• II -1-7 銀行等が提出する申請書等における記載上の留意点• 申込件数およびWebサイトでの資料請求件数が上位である保険商品 注1:共通プラットフォームシステム(名称:Advance Create Cloud Platform)の略称 注2:Application Programming Interfaceの略称 広告主のPRを目的に掲載している商品になります。

指針 監督

IV -5-3 契約者価額• 災害等により海外における業務継続が困難となった金融事業者が本邦で一時的に業務を行うための承認制度に関するQ&A• III -6-5 不利益処分の公表に関する考え方• III -2-2 子会社等• III -3-5-4 各種書面への記載• 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律に基づく金融監督に関する指針 (コンサルティング機能の発揮にあたり金融機関が果たすべき具体的な役割) 本文( ・ )• VIII -3-4-3 その他• II -1-4 財務局との連携• III -3-2-4 開示に当たっての留意事項• III -11-6-2 TLACを利用した秩序ある処理等• 本文(・ ・ )• IV -1-1 普通保険約款及び特約の記載事項について• III -4-13 暗号資産に関する留意事項• III -2-3-2-6 信用リスク管理に係る監督手法・対応• 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントを漫画とイラストで具体的に解説し、3つのキーワードで印象づける内容です。 )等の事業用自動車の運転に関して生ずる様々な危険について、危険予知訓練の手法等を用いて理解させるとともに、危険を予測し、回避するための自らへの注意喚起の手法として、指差呼称及び安全呼称を行う習慣を体得させる。 V -2-1 保証金の供託等の届出• VIII -3-4-3-2 不承認の場合の取扱い• III -6-4 金融庁等との連携及び関係当局への連絡• II -2-1-2 監督手法・対応• III -2-1-4-3 計画の提出及び進捗状況の報告等• III -3-10-2 主な着眼点• III -3-2 照会に対する回答方法• III -1-1 検査・監督事務の進め方• その他ガイドライン• 当社のみが専門的に取り扱える保険商品• II -2-1 相談・苦情等を受けた場合の対応• この場合において、牽引自動車及び被牽引自動車を運行する場合においては、当該牽引自動車を運転するに当たって留意すべき事項を、当該被牽引自動車によりコンテナを運搬する場合においては、当該コンテナを下部隅金具等により確実に 緊締しなければならないことを併せて理解させる。

18
指針 監督

是非、PDFファイル等における「検索機能」をフル活用しながら、「自己責任(原則)」や「健全性」といった用語を含めて、自作の「穴埋め問題」を作成されると良いでしょう。 さらには、反社会的勢力は、企業で働く従業員を標的として不当要求を行ったり、企業そのものを乗っ取ろうとしたりするなど、最終的には、従業員や株主を含めた企業自身に多大な被害を生じさせるものであることから、反社会的勢力との関係遮断は、企業防衛の観点からも必要不可欠な要請である。 III -3-7-2-1 意義• IV -1-15 団体保険又は団体契約の取扱い• II -3-13 オペレーショナル・リスク管理態勢• III -3-3-1-3 監督手法・対応• V -4-2 関係募集人との関係• III -1-8 災害における金融に関する措置(災害対策基本法等関係)• 指導監督指針では全部で12項目あるけれど、安全教育を毎月、実施しなければいけないということなの? A2. VII -3-1 意義• III -3-5-2-1 意義• III -3-5-3-1-2 主な着眼点• III -2-1 特定保険募集人の登録等事務• 近年、暴力団は、組織実態を隠ぺいする動きを強めるとともに、活動形態においても、企業活動を装ったり、政治活動や社会運動を標ぼうしたりするなど、更なる不透明化を進展させており、また、証券取引や不動産取引等の経済活動を通じて、資金獲得活動を巧妙化させている。

13